詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

猫の詩、いくつか

「夏も冬も」


リアルな毛皮は
なんてキモチいいんだろう

中はあったかのはずなのに
シーツの上で脚にふれる
ヒヤッ 
としたなめらかさ

気まぐれに
アタシのそばに寄ってくる
キミをムリヤリ
ぎゅっとしたくなる

ねぇ キミ
冬になったら
たっぷり
体温をお貸しください

いい夢みようね
夏でも冬でも…




「猫になる」


立春が過ぎて
少しは強くなった
陽だまりの中で
仲良く丸くなる
二匹の猫

さっきまでケンカしていたのに
ポリポリと猫カリで
おなかいっぱい

おやつのカツオブシももらったし
おヒゲの手入れもしたし
あとの仕事は
ひたすら眠るだけ…

わたしも入れてよ
ちょっと疲れちゃった

ゆっくり キミたちと眠ったら
また 元気になれるよね




「この手」


このひょうきんな 手!
みごとな白黒の手袋だ

このいつもおどいろいた様な 目!
焦点をあわせずに くるくると回る

そしてこの大きな頭
少しくらいゴツンとしても
ぐーぐーと寝息をたてている

そんなキミの存在が
ボクを癒す
なにもできないときの
ふがいなさから
すこしずつ
浮き上がることができる


宙くん




「20×30の幸福」


この狭い都営住宅の部屋にも
20×30の空間は無数にある

その空間をキミたちは
自由自在に遊びまわる

カーテンのかげ
天井までとどくタンスの上
押し入れのすき間
整理ダンスぶ囲まれたクッション
置き去りにされた引っ越し荷物の上
使わなくなった車椅子の後ろ
冷蔵庫の上
収納棚の中
たたんでない宅配便の段ホールの中

いつもはママの居る範囲に
気配を残しているのに

あれっ?
ふっと 気配が消える瞬間
存在を確認したくなる

20×30センチの空間
そこにまるまって
自分の世界をつくれる
キミたちがいとしい

スタイル

日記

このブログ「群れない猫」を始める以前に、ホームページで短い日記を書いて
いた。それが、「詩だ」と指摘されたのがきっかけで、詩として意識して
書くようになった。2003年4月だった。

昨年5月に、第1詩集「群れない猫」を上梓し、詩作20年に向かって
どのように活動していったらよいか、思索を重ねている。が、まだ、行動まで
いかない、。やっと、詩集制作の疲れも癒えて、少しずつ動き出そうとしている。

今、詩誌に投稿をして、1度掲載をみているが、いずれは短編の小説が書きたい。
又、エッセイも。その為には常に「書く」とう姿勢が大事だ。
万里も一歩から。小川糸のエッセイ「今日の空の色」を読んでそう思った。

と、いうことで、今日から、エッセイ風な日記をできれば、日々!書いて
いこうと決意した。

見てから、読む派?!「校閲ガール」

読書・映画 朝ドラ・ドラマ

昨年の、秋期(10月)のドラマ「地味にすごい!」の原作
「校閲ガール」宮木あや子)を読んだ。
面白かった!

ドラマ原作のものは、キャラクターが特に立っていて、まわりの
登場人物もひと癖、ふた癖あるものが多いが、ドラマ脚本と比べて
どう変えているのか、又、主人公・校閲部の河野悦子と、通称(タコ!)こと
文芸編集部の貝塚とのからみが本当は、どう描かれているのか気になって
読んでみた。

★主な登場人物

河野悦子(おしゃかわことコーエツ)
米岡(グレーゾーンの同僚)
貝塚(タコ!・文芸編集者)
森尾(Lassy編集者・同期)
藤岩(鉄パン・文芸編集者・同期)
今井(短大卒・受付嬢)
エリンギ(校閲部部長)
是永是之・幸人(アフロ髪モデル・作家)
本郷大作(愛妻家のエロミス作家)

↑この登場人物の記載だけでも、読みたくなる内容だ。
あこがれのファッション誌の編集者を夢見て景凡社に入社した
河野悦子だったが、配属されたのは、まさかの校閲部だった。
それも、名前がそれっぽい?という理由から…

原作では、ファッション誌への移動を夢見て真面目?に校閲をこなす
入社2年目の悦子が描かれている。
ドラマ版では、設定が中途採用になっていたので、脚本の内容と悦子の
振る舞いに少し違和感があったようだ。

ドラマでは、主人公悦子と、是永是之ことモデルの幸人(ゆきと)を中心に
描かれているが、原作を読んだ限りでは、そうでもない。
第1話~第5話まで短編として、悦子の校閲の仕事にからめて色んな
ドタバタ劇が描かれている。
「校閲ガール」シリーズで、「校閲ガール ア・ラ・モード」「校閲ガール
トルネード」と続編2冊があるので、まだ進展のほどはわからない。

筆者・宮木あや子(みやぎ)は、2006年でデビュー作「花宵道中」で
「女による女のためのR-18文学賞」の大賞と読者賞をダブル受賞している
つわもの作家だ。
続編も読む!

「校閲ガール」
http://booklog.jp/item/1/4040663632


↓主演と石原さとみさんの魅力全開のドラマも再度、CS放送の配信で視聴中!

www.ntv.co.jp

桜、散りゆく

部活、ボール拾い
足元にひゅーる春風とともに
桜の花びらが届く
心 ふわりなる

夜、人影もない古い川沿い
桜並木
はらはらと落ちる 花びら
いくつかの外灯が照らす
妖艶な桜
心 解き放つ

昼下がり、
西の人造湖へと続く道
人を見下ろすほどの桜があふれる
満開もそろそろが見納めか
桜散らしの雨の後
通りの茶店から見送る…
心 静かなる


 
★蘭の会・2月テーマ「はる」 

真冬の夜10時に。(記録として)

日記

1月末の夜10時過ぎ。
海外ドラマをみながらくつろいでいた。

突然、家電が鳴る。
夫からかと、出る。
救急隊からだった。帰宅途中、夫が事故に合った模様。
場所はかなり近く、徒歩10分もかからずに行ける。
ちゃんと聞いたはずの、内容を頭の中で繰り返すも、
身体は何をしてよいのか、おろおろとパニック状態。

部屋着の上だけを着替えて、お金と携帯をとりあえず持ち
現場に向かう。
息が切れる。防寒にしたマスクが息苦しい。
小走りするも、足がもつれて転びそうだ。
転んではいけない。
血がたくさん飛び散った映像が浮かぶのを、振り切る。

警察官の方が、長いライトを振り、T字路の入口に見えた。
「土屋の家内です」と、普段口にすることもない言葉を発する。
夫が担架にくくられている、車内に通された。

出血は少なく、応急処置をされている夫を見て、
だんだんと、呼吸が整っていくのが分かった。
心配している、留守宅の娘にLINEで連絡をとる。

救急隊の方が、夫に様子を聞きながら血圧をとったりしているのを
見ながら、今の状況を把握していった。
「ご主人の衣類は、ここです」
透明のゴミ袋に丸められた、コートと背広が入っているものを指差す。
「壊れたメガネは、これです」と、さらに小さなビニール袋を渡された。
足元には、細長い主人の靴があった。

入院は、とりあえずないようだが、救急で処置してくれる病院が見つからなかった。
20分から30分、救急車で待機していただろうか。
市内の病院はだめで、4つ先の駅の病院へ向かった。
救急車は、サイレンを鳴らし走る。

病院へ着き。脳内のCTをとる。その後、傷口の処置。
右目のまぶたの上を3針縫う。
「ご家族の方どうぞ」と、処置室に入ると。
目をつぶったままの主人の右目の上には、大き目のホチキス(に見える)の
針が3つあり。右の唇の上は、少し傷ついていた。
針の上に絆創膏を貼られ、私は持っていた予備のマスクを渡した。

タクシーにて、翌・01時過ぎ頃帰宅。
安心したのか、夫はすぐ寝てしまった。
気がせいて力んでいたのか、体が痛かった。


  ***************************************************


新年会の帰りだった。
多少ならず、飲んでいた。駅から自宅へ歩いていた。
突然腰に車がぶつかり、顔を打ち、
気が付くと、道に倒れていた。
と、夫は言っていた。

夫は、1週間後抜糸し、普通に通勤し出張にも出ている。
私は、事故のあった場所を夜間、歩くのが怖くなった。
あの夜みていたドラマを、オンタイムで観ることもまだ
できない。

軽く済んでよかった。軽傷だったから言えるが、被害者であったのも
幸いだったと思える。加害者の方が気になる。



★この記事は、正確な事実とは限りません。主観的、記録です。

鋤のポーズできた!かも?

日記 yoga

ヨガスタジオに通い始めて、4年目に突入!!
昨年より、都内の女性専門のヨガスタジオは、アトランダムに通える
会員になり、行ける時は月1~2回ほどだ。
夏から体調を崩したりで、2か月通えない時もあった。

そんなわけなので、通算4年目といえ、ずっと「鋤のポーズ」はできないで
きていた。
昨年12月、3ヶ月ぶりに参加した「ヨガニードラ」という「癒しの瞑想」と
言われている、ヨガクラスに参加。太陽礼拝やハタヨガの基本的なポーズを
目を閉じた状態でフロースタイルで行うヨガだった。
3が月ぶりなのに、不思議と身体が動き、ものすごくリラックスした。
身体も喜んでいるように感じた。この時、もしや自分にもハタヨガの基礎的な
ポーズは体得できているのでは?と、思えたのだ。
身体が喜んでいる、と、感じてヨガをしているときは、ポーズのできではなく
呼吸がスムーズにできていて、あまり苦しくないのだ。

そして、2月4日、今年2回目のヨガクラス、ムーンセラピーヨガを受講した。
このクラス月礼拝(太陽礼拝)があるのだ。太陽礼拝、好きなんです、。
60分、月礼拝に汗をじわっとかき、最後は苦手な「鋤のポーズ」だった。
いつものように、仰向けで脚を垂直に上げた状態から、お尻が上がらず
そのままでキープしていた。
と、つつと、先生が来て「あの、鋤のポーズはできないのです…」とつぶやく
私のお尻?に手をかけた?

あ、あれ???
!!!お尻がするっと上がり、脚が頭の方にくの字に上がっていた。

できた!鋤のポーズ!

腰に手を当ててサポートしてはいるが、床には足は着かないけど、
魔法のように、鋤のポーズできていた。

やはり、。
年末の勘はあっていたのだ。
気が付けば、暴飲暴食はしなくなり、足のむくみもとれ、
徐々に軽い身体に変化してきていたのだ。

私にとって、ヨガはリラックスが第1で、無理強いして鍛えるつもりはない。

これからも、生活の一部として、楽しんでヨガを続けていこう!

IKEAデビュー。そのシステムに戸惑う

シンプルに暮らす 日記

気分の変わりやすい私は、またまた、自宅の模様替え中である。
3LDKで、夫婦と娘2人と暮らす4人暮らしの我が家には、私の個室は
ない。数年後の夫の退職をめどに個室が欲しいのが本音である。

32年も一緒に暮らしていると、広い夫婦の寝室ならいざしらず、
色んな不具合で安眠や日中の一人になりたい欲求を満たすためには
どうしたらいいか、模索していた。
リビングのスペースが一番広い。和室でのびのびと眠りたい。
個室が欲しい。ひとりで読書を満喫する。

そこで、以前から調べていたIKEAのアームチェアを買うことにした。

土曜日の午後のIKEA、最悪だった。
IKEAの家具は、自分で組み立てる。という事だけは認識していたが、
まず、広い店内でお目当ての家具を見て試し、商品番号を控え、最後に
1Fの倉庫で自ら、ピックアップしカートに積み会計し、車まで運ぶ。
そこまで、シュミレートしていなかった。
買う家具は、カタログとアプリで何度もチェックしていたが、初めて
なので、スタッフにこれはどこにあると言われても、なかなか商品に
たどりつかず、おまけにそれは、見るだけで、最後まで、この箱に入って
いるものが、ちゃんとあの商品になるのか不安でならなかった。

おまけに、混雑時に行ってしまった為。子供連れ家族に酔ってしまった。
(いわゆる人酔い)ヘトヘトになり、レストランスペースに辿り着き、
また、ここでもビュッフェスタイルに戸惑う。

やっと、夜になり帰宅して、娘とアームチェアを組み立てる。
で、デカイ!!!
ネット情報では知っていたが、このチェアでかい。
頭までゆったりしっかり支えてくれるので、その分。
でも、とてもすわり心地がいい。
これで、ゆったりまったりと読書時間が過ごせそうだ。

IKEA、はまりそう、品質お値段ともに納得だ。だが、
大きな収納家具やソファの大きなものは、搬送が自分では無理だ。
体力的にも、無印良品を選んでしまうだろう。

しもやんの部屋*オープンマイク

ライヴ・イベント


f:id:rei-tsuchiya:20161119105702j:image

 

18日(金)、神保町の視聴室へ服部剛さんがゲストの「しもやんの部屋」

オープンマイクへふらっと出かけた。7月の江戸博から後4か月ぶりの

イベント参加。案の定、とてもわかりやすい立地条件なのにかかわらず、

地下鉄から出ると方向感覚が鈍るので、あやうく反対方向へ行きそうになる。

 

オープン時間の19:00のほんの少し前に到着。

入口の普通のお家の様な作りとは裏腹な、とても天井が高く、

グランドピアノがで~んと前に目立ちつのに、なんだかなつかしい感じの

スタジオだった。

梅酒ソーダと、不埒ライフさん出前の”白玉コーヒーぜんざい”を頂きながら

喉を潤し、オープンマイクの始まるのを待った。(この日、突然に決めてしまった

ため、朗読する詩も読み込んでなかったので、ぶつぶつとひとり練習していた)

 

しもやんさんの、ギターと語りと共に第1部のオープンマイクが始まった。

原哲夫さん、私、岡部淳太郎さん、靴の修理のお仕事をする小沢さん。

そして、福田理恵さん。

不思議なことに、初めて参加したイベントだったが、主宰のしもやんさんと、

小沢さん以外は、面識のあった方々で助かった。

そのせいか、4か月ぶり練習不足の朗読であったが、まずまずの自己満足できる

できであったと思う。

(土屋…「黒い羽」「うどんはどこだ」「お兄ちゃんのクッション」)

 

私以外の方々は、皆ベテランの詩人さんで、それぞれが個性ある

パフォーマンスで圧倒されながらも、すごく心地がよかった。

中でも岡部さんとは、すごく久しぶりにお会いして、朗読も今まで

1回くらいしか聴いたことがなかった。出会いとは、やはり必然なの

だろうか。何がどう、とは、表現できないが、とても感動してしまった

自分がいた。

 

第2部は、しもやんさんとゲストの服部剛さんの対話コーナー。

いきなり!!服部さんがしもやんさんのギターで歌って登場だったので、

めちゃ驚いた。すごく上手かった!

その後、「エラーを知っている人たちbyしもやん」「エラーがあるから

ファインプレーがあるby服部剛」などの数々の名言が飛び出すトークに

釘づけになる。剛さんが、この夏、北海道にひとり旅をした話から、

これから主夫として5歳の息子さんのケアをしながら家族3人の

暮らしを支えてゆく決意をした事に続いた。

 

とてもよい時間を過ごした。すばらしい出会いがあった。

やはり、その日の心の動きに沿って行動することは、とても

大事であると痛感した1日でもあった。そして、自分はやはり

朗読を聴く、朗読をすることが好きなのだと再確認した。

これからも、月に1回ペースでどこかのイベントにふらっと

出てゆきたい。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します