詩集「群れない猫」近日発行!

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

イルカの瞳

「イルカの瞳」

 

イルカは、縦長の水槽にポツンと

いた

へその緒がついていた

 

大きく見えたが、

赤ちゃんだったのかもしれない

 

ベビーカーを押しながら

家族とはぐれた私。

 

静かに泳ぎ

物憂げに見つめてくる イルカ

 

ママだよ

ママ、疲れちゃったよ....

ソコに、居ることの意味さえ

困惑するほど疲弊していた

 

ただ、時間も忘れ

イルカを見ていた

つっと、

熱いものを頬に感じる

イルカの瞳もうるんでいる

 

月齢より大きな、元気な子

高齢で産んだ私の心は

壊れ始めていた

 

 

新しく生きる

「新しく生きる」

 

入院時 紙のように白かった顔は

赤みをおびていた

彼の首もとには、酸素吸入の為の

新しいホールが突き出ている

 

7月27日早朝、緊急入院した彼は

気胸と肺炎も併発。

鼻からの人工呼吸器では、タンがつまりやすく

いつ、呼吸停止してもおかしくない状況だった

 

出かける準備をしてると、私の電話が鳴る

不安をあおる電子音

彼の緊急入院を告げる内容だ。

直ぐに来られますか?

  はい、1時間ほどかかります

 

酷暑を避け、バスと電車で最寄駅に向かう

降りるひとつ前の駅で、又、電話が鳴る

  病院のひとつ手前の駅です

 

病室に着くと、鼻から直接チューブが入り

口にも太いのど奥下までのチューブがそうかんされていた

口いっぱいに押し込まれている

 

手術承諾の書類にサインする

もう私には、見舞うこととこれしかできない

あとは、祈り....

 

5日後、気管切開手術。

予定どうりに1時間半で病室に戻った

こころなしか、口元は腫れてみえる

部分麻酔なので、意識はある

医師が、名前を呼ぶ

「お母さん、来てますよ!」

彼の目は薄く開かれ、眼球が動いている

 

ガタン。

折り畳まれた簡易ベッドが床に倒れ

ふいに、大きな音がした

 

「よく、がんばったね」

彼は目覚め、目でうなずいた

私は満面に笑ったが、帰宅した

辛いのは彼、声帯を切られ声失った

 

数日たち見舞った

彼の顔はむくみがとれ

鼻筋の通った、本来の彼に。

手術前、鼻に呼吸器を入れていた

小鼻がふくらんでいた

今は、親ばかでオトコマエに見える

 

ヘルパーさんたちと

透明の文字盤と口パクで

意志疎通をとる練習を繰り返す、

 

生きるチカラを感じ

病室を離れ

私は、泣いた...

 

2018.8.16

 

 

 

 

 

てぬぐい、LOVE ♪

最近、てぬぐいにはまっている。

いや、もう生活のお供・必需品だ。

そう、あの昔ながらの、和てぬぐいだ。

綿素材の、端が切りっぱなし!

 

今までは、てぬぐいは半分に切り、キッチンで食器ふきに使っていた。

最寄りのスーパー西友で、品数は少ないが置いてあり、季節やその時の気分で購入していた。100均店舗でも、多種販売している。

だが、この100均てぬぐいは、柄は可愛いが、端がしっかり縫い処理されており、綿100%となっているが、目が粗い。

 

端が切りっぱなし!

これは、本来の和てぬぐいの良さだ。

きっちり絞れば、すぐ乾く。

この梅雨時でも。それに、愛用の西友購入のてぬぐい、約税込300円ほどだが、持ちがいい。色はあせるほどに、柔らかく手になじんで、使いやすく愛着がわく。

 

この300円ほどの、てぬぐいに出会うまでは、猫の絵画をネット購入した時のプレゼント品の「猫柄てぬぐい」と、墨絵師の江島恵(Ejima Kei)さんの、「墨絵てぬぐい」のみを本来の用途として使用していた。旅先でのお風呂用に、吸水速乾のスポーツタオルと一緒に、持参。これでシャンプー後のタオルドライも充分。(ゲストハウスには、必需品)

 

「猫柄てぬぐい」は、使いたおし、もう10年近いがまだ現役だ。(元祖猫商*丸山商店さん、ありがとう)

*これらは、雑貨屋で販売されている物と同じクオリティなので、1000円ほどだと思う。(税抜き)

 

今回は、季節の白地に水色・金魚柄と、笹ぱんだ(深緑)を購入。

(小紋手ぬぐい*日本製)

 

西友さん、2ヶ月ほど前は、てぬぐいが消滅?(多分入れ換え)で、がっかりしていたが、品数も増え、季節ごとに入れ換えしていくらしい。

同じ駅前ビルに、300均ショップも入ったし、お隣駅前西友には、オシャレな「セリア」が、2Fフロアの半分に入った!!

それに伴い、こちらの西友さん(ちょい大きい)も、売場をリニューアルしたと思われる。

 

てぬぐいの良さ、是非に見直して欲しい。

数年前、都内唯一の村、の温泉施設をゲストハウスに宿泊した時に利用したが、。

そこで、てぬぐい一枚で入浴していた、ご婦人に遭遇した!

てぬぐいのプロおばさんだ。

 

私も、そこに近づきつつあるかも、。

悠久の人

「悠久の人」

 

初めての海外への機内

鼻筋のとおった浅黒い肌の青年に

目を奪われた

襟の立ったアイボリーの長い上着

斜め前のその人を

ぼおっと眺めていた

40年後。

三渓園の寺という神聖な処で

いつまでも聴いていたくなる

声の詩人と出逢う

 

静かに、タゴールを語る彼は

母国では著名な人物。

なのに、

ただ、そこにいて自然

権威とは無縁な謙虚さ

 

一流のひと

いや、それさえも超えている

 

 

タゴールの愛した日本

彼の国から渡った

たくさんの文化、英知

 

 

悠久の国に学べ

そして、自国のそれをも、

 

宙(そら)に繋がったような

空間で深く呼吸し

体ごと開放された

 

 

*全人アーティスト

ニランジャン・バネルジー氏に捧ぐ

 

2019.6.21

HAPPY BIRTHDAY

「HAPPY BIRTHDAY 」

 

“HAPPY BIRTHDAY “

今年もカードが届いた

好みの素材、色、字体

何度見ても 笑みがこぼれる

 

昨年のカードは、

丸いコースターだった

 

その時、

わたしは、出産以外

人生二回目の入院をしていた

個室だが、

もちろん鍵はかけられない

治すための入院

 

なのに、その状況に慣れるまで

体調は悪化した

食べられない

悪夢で震え 胸が苦しく

ナースコールを押した

「大丈夫ですか、もう少し

付き添いましょうか?」

小柄らな看護師さんは言った

 

生きた人の姿を見たら

落ち着いた

幻影のような夢だった

・・・わたしは、ナイフと銃を突きつけられていたのだ・・・

 

 

そんな中、見舞った娘が

丸いカードを持ってきてくれたのだ

 

数年前、購入した

小さな淡いブルーの鳥のブローチ

量産しない、

同じものでも、ちょっと違う陶器

大切に、たいせつに...

日々使う、衣服につける

 

わたしらしくなれる、物のひとつ

 

素敵な一年になりますように、

そんな気持ちがつたわってくる

 

「来なくて結構です」

そう、伝言しておいた

一ヶ月近い入院中

言葉のとうり

彼は、

見舞いに来ることはなかった

予定していた長期旅行の変更も

しなかった

 

誕生日の意味も、

入院の意味も、

わからない

 

彼にとって大切なものを、

.....

わからないのだろう

彼も

 

 

HAPPY BIRTHDAY !

大切な自分のために

言の葉にする

 

 

西から...

「西から...」

 

西からの気持ちのいい風が

吹いている

なのに、ドアを薄く開けても

部屋に、風は流れない

 

西へ西へと、

生まれた地から流れてきた

人より少し、

引っ越しの回数は多いかもしれない

 

西から低気圧がきて

雨になる

6月7日、関東は梅雨入りした

梅雨に生まれた わたし。

 

西に流れる度に、

生活は、良くなったと、

思っている

 

さて、この度は...

 

西から、気持ちのよい風が吹いている

わたしの部屋には、

入ってこない

 

 

ある婦人との会話

先日、よく行くショッピングセンターのベンチで、見知らぬ老婦人と、話しをした。

 

「今日は、暑いですね。五月なのに、真夏日なんて...」

婦人「あら、あなた、とっても素敵よ、その髪...」

私は、嬉しくなり、買い物の疲れも忘れ会話を続けた。(まだ、グレイヘアは、8割くらいの伸びだ)

ご婦人は、とてもきれいなグレイヘアで、背筋が伸びていた。聞くと、私の母よりひとつ下の昭和10年生まれだった。ご婦人は、四国地方の出身で学生時代に声楽を、学んでいた。ご婦人の夫は、ジャズの評論家だと言う。

 

婦人「私は、夫を世に出す為に尽くしたの。声楽を諦めてしまった事は、人生の不覚だったわ。」

夫の事を、話しながら(その世界ではかなり著名な方らしい)、何度も、ため息混じりに繰り返していた。

私も、文学の隅っこのほうで、詩を書いていると、話した。「まあ!」と、話しは、盛り上った。そこに、娘さんから、携帯に電話があり(ご婦人の)お開きになった。

 

楽しかったわ、ありがとう、。と、お互いの氏名を名乗り合って、別れた。

 

不思議だった。

やっぱり、人は、人生の終盤には、やらなかった事を後悔するんだ、と強く感じた。

 

***

検索したら、ウィキペディアにも載る、大変有名な評論家の奥さまだった。

 

 

 

針を運ぶ

「針を運ぶ」

 

ちくちくと無心に

針を運ぶ

 

頭の中のごちゃごちゃ

胸のざわざわ

少しだけ

おさまったように感じる

 

人は 

誰びとも

生老病死をまぬかれることは 

無い。

 

ひとりで暮らし始める

そう決めた時に、

なぜ、何故に.....

 

世にいう不幸が追い重なる

宿命か

業か

 

弱かった女は

とうにキャパを越えているはずなのに

倒れることはなかった

 

ちくちくと無心に

針を運ぶ

 

形ある物を作れる

と、いう自信が

無心になれる 強さにつながる

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します