詩集「群れない猫」近日発行!

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

Tokyo ポエケット 2016


f:id:rei-tsuchiya:20160714171513j:imagephoto by 藤鈴呼(「みゅう」の鈴さんと)

f:id:rei-tsuchiya:20160714171444j:image
 
7月10日(日)、10:00-16:30 両国*江戸東京博物館にて、
第20回 TOKYOポエケット無事終了しました。
ブースは兼ねてから依頼していたとおり、古巣の”みゅう”のお隣でした。
9:30からの会場設置にも参加でき、長い1日となりました。
 
5年ぶりの参加、ブースを構えての個人出店は初めてなので、どのくらい
売れるかもわからず、不安だらけの参加。前の週に朗読会が控えていたので
ミニ巾着や、詩集のプレゼント品の手作りコースターなど、早めに用意して
おいて正解だった。
朝から、暑い日だったので、午前中は出足が悪かったようだ。でも、テンパっている
私は、それさえも気づかず、のん気に他のブースへお買いもの。
隅田有さんの「クロッシング」を購入。
この詩集なんと、初めてポエケットで購入した「キリンの洗濯」の著者、
高階き一さんの「空とぶキリン社」から出版されていた!!
 
それと、5年ぶりにお会いした、黒崎立体さんの「tempo giusto」。
買いたかった、同人詩も数冊。
 
午後になって、ちょろちょろと、5冊売れました。
皆、顔見知りの方ばかりでした(苦笑)
「群れない猫」また、手作り巾着等、お買い上げいただいた皆様、
ありがとうございました。
 
今回、個人で初出店してみて、色々学びました。
ここ数年、なかなか会えなかった、朗読を通して知り合った詩人の方々と
再会でき、お話することができたことが何よりの収穫であったと思います。
そして、やっと第一詩集を出せた(私家版)私は、これからが、色んな意味で
再出発の時なのだと自覚しました。先輩詩人の方々の活躍をみるにつけ、
消え入りたい気持ちになると、ともに、もっともっと学びたい成長したいと
いう気持ちになりました。
 
この夏は、無理せぬ程度に朗読ライヴに行き、学ぶ夏にしたいと思いました!!
 
「朗読ゲスト」
12:00~12:20  死紺亭柳竹
             ゲスト・リーディング  川島むー
15:30~15:50  ヤリタミサコ
             ゲスト・リーディング  カニエ・ナハ
                   (第21回中原中也賞受賞)

本日、Tokyo ポエケットです!


f:id:rei-tsuchiya:20160710080715j:image

 
10:00-16:00
ブース名「土屋容子」
 
手作りミニ巾着販売
詩集「群れない猫」お買い上げの方
手作りコースタープレゼント
(先着順)
 
 

大切な時間。北鎌倉、「ガルリミラボー」


f:id:rei-tsuchiya:20160705003246j:image
photo by ええ

f:id:rei-tsuchiya:20160705003305j:image


f:id:rei-tsuchiya:20160705154357j:image

photo  by 佐藤銀猫
 
7/3(日)14:00-16:00
予定どおり、北鎌倉・ガルリミラボーにおいて。
オープンマイク・Sherpa +土屋容子出版記念朗読会&ルイ・リロイ・田中ギター演奏のイベント、無事終了いたしました!!
 
遠方より参加下さった、オープンマイク参加の皆さま、観覧に来て下さった
友人の皆さま、そして、ゲストのルイ・リロイ・田中さん、主宰の佐藤銀猫さん、
会場の中川ご夫妻、本当にありがとうございました。
(詩集をお買い上げ下さった方々、重ねてお礼申し上げます)
 
土屋容子はしあわせな物書きです。
「群れない猫」も、しあわせな詩集です。
 
[オープンマイク参加]
どぶねずみ男。さん
midoさん
梓ゆいさん
seno さん
 
*観覧参加*
友人 SKさん
友人 YEさん
土屋次女
 
 
 
 

できる。できない、

できる できないは
紙一重

できない の今は
できる の明日

つながる一歩

心の奥で
強く 強く、祈る

できる
自分を思い描く

いざ、北鎌倉!ギャラリー・ガルリミラボー♪



f:id:rei-tsuchiya:20160529164434j:image
f:id:rei-tsuchiya:20160529164420j:image

緑が、わんわんの北鎌倉に下車。

7月3日(日)に、佐藤銀猫さん主宰のオープンマイク・Sherpaで

「群れない猫」の出版記念朗読会を開催していただけることになった。

 

予想以上の素敵な箱である。写真家と絵本作家・人形作家のご夫婦が

営んでいるギャラリー。アンティーク風な建物・内装・展示販売品、

全てがしっとりと落ち着いて、北鎌倉の地になじんでいる。

まるで、この場所にずっと置いてあったように…

 

所在地は、下の記事にあるが、明月院あじさい寺)へ向かう道筋にある。

今回は、参加者は10名限定の予約制だ。この素敵な空間でゆったりと、

朗読できると思う。皆さま、あじさいの時期、是非、北鎌倉へ!

 

 

詩集「群れない猫」発刊!!

f:id:rei-tsuchiya:20160529170448j:plain


本日より、順次発送いたします。

第1詩集「群れない猫」
B6版(ソフトカバー)100ページ・頒価1200円
★送料無料

2003年より2012年までの作品、41詩+1を選びました。


neko18rei♪sweet.ocn.ne.jp

♪を@マークにしてメールしてください。
料金の振り込み先等を返信させていただきます。

*時間に余裕を持って、お申込み下さい。
*詩集「群れない猫」購入申込みと明記して下さい。



☆☆今後イベント参加予定

☆7月3日(日)13:30-15:15
土屋容子詩集「群れない猫」出版記念朗読会With OPEN MIKE Sherpa

☆入場料1000円 「ガルリミラボー」は飲食店ではありません。

☆お飲み物は各自ご用意ください。(ゴミはお持ち帰り願います)

☆アクセス
JR横須賀線北鎌倉駅下車徒歩8分 明月院(紫陽花寺)手前の川沿い左側。
☆ガルリミラボー Tel 0467-67-0006

☆13:30入場可 本編14:00~15:45 
☆パフォーマンスの持ち時間 5分
☆定員10名
☆今回は完全予約制とさせて頂きます。
☆朗読の他、詩集「群れない猫」の合評会も時間の許す限り充実させたいと思います。


☆ご予約は,土屋のメールまで neko18rei♪sweet.ocn.ne.jp(♪を@マークに)

☆締切は6月30日(木)まで、但し締切日以前に定員を満たした場合は残念ですが次回にエントリーをお願いします。

OPEN MIKE Sherpa 主宰 佐藤 銀猫
(一部文面をかえさせていただいてます。土屋容子)
                 


☆7月10日(日)10:00-16:00

2016 Tokyoポエケット「ブース名* 土屋容子」
両国*江戸東京博物館

詩集納品前夜

いよいよ、明日の午前中、この2か月間編集してきた、土屋容子の第1詩集
「群れない猫」
100冊が手元に届く。

B6版100ページ=100冊。
どのくらいの量なのだろう?段ボール箱何個??

わくわく・どきどき、である。
明日の夜は、ホントに近しい地域の友人たちとなじみの店で
感謝の会を行う。
ギリギリの到着だ。

思ったとおりの、紙質。カバー表紙の画像は。本表紙の水色は…
考えだすと、きりがないが、。

最善は尽くした。後は、待つのみ。

現在、予約1冊。
明日、着いたら。いの一番に送ろう。

てなわけで、現物が届いてから、コチラのブログ記事をアップしようと
思っています。

少々疲れ気味

3月半ばより、詩集「群れない猫」の編集作業を進めてきて。5月5日に校了
正確には、印刷工場へ原稿が入ったのが、10日だった。
そして、24日に、やっとやっと、現物が手元に届く。

神経の弱い私は、ホントにこの日に届くのか?もっと、伸びてしまうのか?と、
すり減ってしまった。おまけに、頼んだ印刷会社との話の行き違いなど…
ふぅ…

と、いうことで、この頃朝もなかなか起きられない。
まぁ、食欲はあり、眠れているので。どっぷりウツに落ちることは
ないと思うのだが。

6月の初旬、父の墓参りも兼ねて旅を予定している。
もちろん、一人旅。

一人旅。ひとり酒は、必須である。

雨に当たらないように…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します