詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

ひとり呑みの独り言

美味しい日本酒が呑みたくて、久々に、焼鳥居酒屋に行く。 ひとり呑みの客には、カウンターの隅が落ち着く。 右端の席から、左側の席を見ると、 そこにも、女性のひとり客がいた。 今の時代、女性がひとり呑みできる店は必須だ。 日々のウサや、気分転換を求…

事件から派生する文学

昨年夏、芸人さんが推薦する書籍をあつかう番組を観て、桐野夏生の「グロテスク」を 読んだ。桐野夏生の「OUT」には、十数年前、ドラマと共に原作にもはまった。 久々の桐野夏生作品。オンナ芸人・光浦さんが言っていたとおり面白くぐんぐん読めた。この「グ…

エアコンはだいたいが夏壊れる!!

北の2部屋のエアコンが壊れた。 7/19の梅雨明けの頃、娘の部屋のリモコンが機能しなくなり、 続いて、夫婦の寝室も同様に、壊れた。思い出してみると、この30年の結婚生活の間、エアコンが壊れるのは いつも夏である。 初めて買ったエアコンが夏だから…

次女出産前後の記憶(いわゆる高年齢出産)

少しネガティブな部分が多いと思うので 苦手な方はスルーしてほしい。 ****** ***** ***** 次女を生んだのは、38歳になる数か月前だった。長男11・長女8才。 8年ぶりの3度目の妊娠で、35を超えていたから、いわゆる○高である。 長男、長女を生んだ…

猫本と雑貨屋?

立川ルミネで、ぶらぶらとしていたら。見つけた!! 「ヴィレッジ・ヴァンガード」という、雑貨屋兼本屋さんだ。お店のセレクトで選んだ雑貨の隣にそれに合った、本が置いてあるのだ。 店頭に、雑貨や日用品関係の本が置いてあり、好きなジャンルだが その日…

JR大回りの旅1

連休中、以前からやってみたかった、「JR大回りの旅」に挑戦した。去年の4月、ヴィヴィアンさんの「夢今で」知り合った、イラストレーターの 大崎メグミさんからフリーペーパーをいただき、そこの「大回りの旅」の記事と 素敵なイラストが載っていたのがき…

相反するものに惹かれる

最近、はまっているブログがある。詩と惑星Webである。このブログは朗読詩人の蛇口さんと馬野ミキさんのブログだ。 お二人とも男性詩人である。 自分も朗読をライブでやっていた頃、色んな方のライブに行った。 馬野さんは、ベンズカフェのゲストで知って、…

おいしい、の定義

今回の旅で、つくづく「おいしい」の定義って 人それぞれなのだなぁ、と思った。ゲストハウスでご一緒した方と夕食を食べたのだけど、 ほとんど同じようなものを(お蕎麦屋)食べたのだけど、 その方は「おいしかった」といい。 私はがっかりした。お酒はお…

リフレッシュ!鎌倉

あまりに、冬ウツでこもっていたので、 春のような暖かさに誘われて、ふらっと旅に出て来た。お昼過ぎに駅に着くと、もう春の匂いがする気がした。 お昼は軽く済ませてきたので、海が見える寺に行く。大きな観音様のあるこの寺はいつでも人でいっぱいだ。 ま…

書くということ

書けるようになってきた。文章や詩が。2003年3月にHPを立ち上げて、詩人会やサイトに出入りし 月にいくつものお題詩を書いたりと、毎日いくつかの詩を 量産できる時もあった。 この3年くらい次女の受験を機に表立ったところの 活動を休止してから、投…

お通しはいりません

つまみを頼みながら、 頭の中でそろばんをはじく帆立バター焼 500円 お寿司セット・特価 600円 串焼き野菜 1×2 260円そして、麦焼酎のロック 420円えっと、ここまででざっと2000円でいける!と、当たり前のようにお酒と一緒に来るお通し。…

12月30日。

年末になると皆、忙しがる。31日と1日。この12月の末日と年をまたいだ翌年の一日。 たった、いつもの一日なのに。12月30日の最寄のスーパーは、お昼過ぎ、 人々がお祭りの人だかりのようにあふれていた。ここぞとばかりに、紅白のかまぼこと伊達巻…

続けることの大切さ

人生も一日一日の積み重ねなら、 書く。という作業も積み重ねの上に向上していく作業だ。この2年あまり、詩作をはじめ、ブログ日記さえも書かなかった、 いや書けなかった。思いは浮かんでは消え。 以前は夢中で書きとめていた努力もしなかった。時に、きら…

雨である。昨日からの外泊に、しっかりめの晴れ雨兼用の折り畳み傘を持った。 予報は大当たりで、一日傘が手離せないらしい。以前より、手軽に出先で購入できる傘が多くなった。 透明の物は好みではないので、買うことはないが 観光地などで見回すと、真新し…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します