詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

やっぱり、本が好き!

朝ドラ・ドラマ 日記

今季のNHKテレビ小説花子とアン
赤毛のアン」の翻訳者「村岡花子」の物語である。

3月の中ごろ、偶然この番宣のコラムを新聞のテレビ欄で見てから、
とても楽しみにしてきた。
なぜなら・・・!
私が本好きになったきっかけが、初めて買ってもらった児童書「赤毛のアン
だったからだ。

中学になってからは、アンシリーズは全て読んだ。
特に、主人公アンと恋人ギルバードのくだりがすごく好きで、
第3シリーズで、ギルバードが結婚してからも、「僕のアン」と
呼んでいるところをうっとりとして何度も読んでいた。

****
花子とアン」今日で6回目。
安東はなは、自分のことを花子と呼んでくれという。
空想癖があり、本が好き。
それは、村岡花子と重なるものが多いのだと感じた。
そして、私も含めてアンシリーズのファンたちは
アンと花子に続く者たちなのだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します