詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

「花子とアン」最終回

朝ドラ・ドラマ

明日の最終回を前に、NHKのスタジオ・パークに
主演の吉高由里子さんがゲストで出ていた。

今まで、辛うじて視聴し続けたのは、田辺聖子の半生を描いた
芋たこなんきん」だけ。それも、後半はかなり抜けていた。

今回の「花子とアン」は明日の最終回で全て観た。
BSで午後11時からの放送があって助けられて。
旅行先でも必ず。

赤毛のアン」は小学4年の時。初めて絵本以外で買ってもらった
物語の本だった。残念ながら、今日の放送で使っていた初版ではなかったが
「赤毛・・・」という文字にすごく反応して興味を持ったのを覚えている。

中学時代にアンシリーズを全て読破した。
アンとギルバートのほんわかした愛情の世界が憧れだった。
ギルバートは、子供が生まれてからもふたりの時は、
「僕のアン」と呼ぶ。

今も、どろどろした恋愛よりも包み込むような愛に魅かれるのは
この村岡花子訳の「赤毛のアンシリーズ」に影響されていると思う。

あまり翻訳ものは、読んでないのは訳者によって、
硬い文章が苦手だからだった。
アンシリーズだけは違った。

今更ながら、戦時中命がけで翻訳してくれた村岡花子氏に頭が下がる。
花子は生きている証に翻訳し続けた、とあった。

私も。今。生きている証に詩を書き続けている。
赤毛のアン」が出版されて時の花子と同じ年頃だろうか。

遅ればせながら、原作の「アンのゆりかご」と「白蓮れんれん」を
読もうと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します