詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

書くということ

書けるようになってきた。文章や詩が。

2003年3月にHPを立ち上げて、詩人会やサイトに出入りし
月にいくつものお題詩を書いたりと、毎日いくつかの詩を
量産できる時もあった。
この3年くらい次女の受験を機に表立ったところの
活動を休止してから、投稿サイトも中断。ブログも不具合。
書けなくなってきていた。

だが、この3年の間に、ウツの症状が良くなってきた。
私は少し焦った。何故なら、ウツ症状が酷かった時代に
詩作を始め、それが生きる糧となっていて、社会との繋がりと
思い書いてきていたものだから、
このまま書けなくなってしまうのでないかと・・・

でも、書けないものはしかたない。
この3年の間、今までにも増して、好きな映画を観て、好きな本を読み、
旅をした。あくまでも、家庭人としての自分を主にして。

そんな中、12月から参加することになった。太陽書房のアンソロジー詩集
「きらる10」からの参加を編集・主催する蒼風薫氏より
お話をいただいた。夏負けしていた7月だった。

私にとってとてもいい時期であった。書けないこの状態をなんとかしたいと
切実に思っていた時であったから。1年前にこの話をいただいても
たぶんお断りしていただろう。

まだ、夏には自詩の編集までには時間があったので、体調管理に
気をつけた。何とか秋にはヨガを再開できるまで持ち直した。
少しずつストックしていた言葉の断面たちが、詩として形になって
くるようになった。

新しいノートも常に携帯するように努めた。
でも、今までと違ってきたのは、自分を追い込まないことにしたこと。
体調の悪いときは休むことを優先した。家事も含めて。

書くことは喜び。癒し。生きること。
たとへ、人になんと言われようと、書く。
命の尽きるまで。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します