詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

「きらる11」3.1発売!

f:id:rei-tsuchiya:20150216203323j:plain

きらる11「ぼくたちの春」立ち読み <5篇>

**

「、の隙間」  小林青ヰ

朝方のかれの背中は
つめたい空気に
ふるえているのか
あるいはこれからやってくる
時間にこごえて
いるのでしょうか

**

「みずうみ」  ごくろう君

みずうみが
私の
沈むのを
待っている

私は
みずうみの
まぶたが閉じるのを
待っている

しずかに澄んだ 藍色のみずうみを
まくらもとに置いて
みずうみを眠らせる
私は少し遅れて眠る

**

「いってきます」  土屋怜

いってらっしゃい、って
言ってくれるひとのいる
しあわせ

気をつけてね、って
心配してくれるひとのいる
あんしん

だからあたしは 旅立てる

いってらっしゃい
気をつけてね

いってきます

**

「ことの次第」  蒼風薫

ある春の日のこと
泉から女のひとが姿を現すから
嘘を答えるようにと
茶色の小鳥が教えてくれた
何も代償を求めずに

言われたとおりに
一番尊い値のそれを
わたしのものだと訴えた
女のひとは優しく肯き
この泉をあなたにあげようと
約束して 姿を消した
、以来わたしは泉の畔で
ずっと待っている
水仙の咲くのを

**

「野菜生活」  邑輝唯史

ピーマンだった朝
ごぼうと言われた昨日の昼
もやしっ子と中学時代揶揄され
これまで
土の匂いが抜けたことは一度もない
ハウスに移り住んだのは妹と義理の弟
僕は小さな畑の端っこで
売り物にならんなとこっそり日向ぼっこ
形が悪いとか糖分足りないとか
別に気に入ってもらいたい気持ちも持ち合わせず
キャベツで丸くなる
明日は大根になりませんかと
気遣う青虫がいたが
お好きなだけお食べになってくださいと横になる
天然の無農薬野菜というのが
ひとつだけ自慢の根っこで一年に一度実っては
誇らしげに太った腹を出す
蚊が一休みした一昨日の昼
熊が何気にのぞきに来た昨日の夜
青臭い春はまた芽出度いかいとやってくる

***

本棚(きらる)

↑こちらから、購入できます。アマゾンへの反映は少しお待ちください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します