詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

第三のおんな

わたしの読書はかなり片寄っている。
ほとんどは、今のお気に入りの作家の本を読み漁っている。
そしてそれは、たいがいが女性作家。

学生時代、特に高校の現代国語の先生には恵まれて、
授業であつかった作家の推薦図書を色々教えてくれたので、
それらは結構読んだ。
漱石や太宰など。

20代の前半も、文庫中心に読んでいた。芥川賞をとった作品も。

22、3歳の頃。田辺聖子に出会った。
「言い寄る」が初めに読んだ作品。それからずっと田辺作品ばかりを
読んだ。

そして、30代半ば。江國香織
きらきらひかる」が最初。何度も読み返している。
詩的な江國氏の作品はどれも好き。

50代。まだ、江國香織を読んでいた。読みたいものがないと気に入った
作品を繰り返す。昨年夏は、長編「抱擁、ライスには塩を」の世界にはまって
いた。

西加奈子が、直木賞を受賞。
図書館で予約するも、予約待ちが、200越えで断念。
他の作も皆、予約数も同様に多いので。
書店にて、短編「しずく」を購入。

当たりだった。猫を題材にした表題作「しずく」もよかったが、
どれもはまってしまった・・・ど、ストライクだ。

今「きいろいゾウ」を読んでいる。
ふわふわしたメルヘンと、現実が交錯している。
読んでいて、創作意欲が湧く。

と、いうことで。
第三のおんな…西加奈子!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します