詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

OPEN MIKE  Sherpa@SMILE

昨日9/6(Sun)渋谷の東急ハンズ近くの「喫茶SMILE」にて
佐藤銀猫さん主宰のSherpaに参加した。

銀猫さんのSherpaは、かなり久しぶり。
今回はスタッフで受付兼タイムキーパーということで
いつもの参加以上にちょっと緊張して臨んだ。
私もここ数年、朗読イベントには参加しても、観客のみで
エントリーはしないでいたので、それも緊張…

でも、Openしてみると意外と落ち着いてすんなりと
作業ができた。知ってるメンバーが多数いたせいかもしれない。
皆さま、お久しぶりでした。

**************************

14時。銀猫さんの第一声挨拶で、オープンマイクの第一部スタート。
今回のゲストは、奥主榮さんとルイさん(ギター)

前半最後のしっとりとした奥主氏の朗読と、ルイさんの演奏と銀猫さんの
朗読のセッションで、しめくくられた。

朗読あり、お笑いあり、色っぽいパフォーマーあり、演奏…
飽きることなく、約2時間のイベントは進められた。

奥主榮氏は、以前朗読に通っていたベンズカフェ(2011閉店)での
オープンマイクから知り合いになった大先輩詩人だ。
今回参加されていた白糸雅樹氏とはご夫婦なのだが、お二人の
朗読を聴いて、「本物だな。」とつくづく思った。
(私の心情であり。詩壇でも認められているお二人です)

常に坦々と詩を書き詩集を紡ぎ、朗読をする。
その所作が、静かでありながら、会場内に奥主榮氏・白糸雅樹氏の
世界で包んでしまうのだ。

そして、主宰の佐藤銀猫氏の朗読。
たぶん、今回のイベントの為に書き下ろされた作品だと
思われる3作の朗読はとても素敵のものばかりだったが。
特に、戦後70年を意識して書かれたた「罰則」という
詩の朗読が素晴らしかった。

私は、今年3月で詩作12年。今年は、詩誌への投稿を目標にやってきたが。
何だかそんなことは、とてもちっぽけなことに思えた。
それと、ネットでの詩の世界にも少し違和感を覚えてきたことも、。

量産ではなく、納得できる作を書こう。

そう、強く思った一日だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します