詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

しもやんの部屋*オープンマイク

ライヴ・イベント


f:id:rei-tsuchiya:20161119105702j:image

 

18日(金)、神保町の視聴室へ服部剛さんがゲストの「しもやんの部屋」

オープンマイクへふらっと出かけた。7月の江戸博から後4か月ぶりの

イベント参加。案の定、とてもわかりやすい立地条件なのにかかわらず、

地下鉄から出ると方向感覚が鈍るので、あやうく反対方向へ行きそうになる。

 

オープン時間の19:00のほんの少し前に到着。

入口の普通のお家の様な作りとは裏腹な、とても天井が高く、

グランドピアノがで~んと前に目立ちつのに、なんだかなつかしい感じの

スタジオだった。

梅酒ソーダと、不埒ライフさん出前の”白玉コーヒーぜんざい”を頂きながら

喉を潤し、オープンマイクの始まるのを待った。(この日、突然に決めてしまった

ため、朗読する詩も読み込んでなかったので、ぶつぶつとひとり練習していた)

 

しもやんさんの、ギターと語りと共に第1部のオープンマイクが始まった。

原哲夫さん、私、岡部淳太郎さん、靴の修理のお仕事をする小沢さん。

そして、福田理恵さん。

不思議なことに、初めて参加したイベントだったが、主宰のしもやんさんと、

小沢さん以外は、面識のあった方々で助かった。

そのせいか、4か月ぶり練習不足の朗読であったが、まずまずの自己満足できる

できであったと思う。

(土屋…「黒い羽」「うどんはどこだ」「お兄ちゃんのクッション」)

 

私以外の方々は、皆ベテランの詩人さんで、それぞれが個性ある

パフォーマンスで圧倒されながらも、すごく心地がよかった。

中でも岡部さんとは、すごく久しぶりにお会いして、朗読も今まで

1回くらいしか聴いたことがなかった。出会いとは、やはり必然なの

だろうか。何がどう、とは、表現できないが、とても感動してしまった

自分がいた。

 

第2部は、しもやんさんとゲストの服部剛さんの対話コーナー。

いきなり!!服部さんがしもやんさんのギターで歌って登場だったので、

めちゃ驚いた。すごく上手かった!

その後、「エラーを知っている人たちbyしもやん」「エラーがあるから

ファインプレーがあるby服部剛」などの数々の名言が飛び出すトークに

釘づけになる。剛さんが、この夏、北海道にひとり旅をした話から、

これから主夫として5歳の息子さんのケアをしながら家族3人の

暮らしを支えてゆく決意をした事に続いた。

 

とてもよい時間を過ごした。すばらしい出会いがあった。

やはり、その日の心の動きに沿って行動することは、とても

大事であると痛感した1日でもあった。そして、自分はやはり

朗読を聴く、朗読をすることが好きなのだと再確認した。

これからも、月に1回ペースでどこかのイベントにふらっと

出てゆきたい。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します