詩集「群れない猫」近日発行!
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群れない猫

土屋容子の暮らしと詞花

ブログ内検索⇒詩集「群れない猫」発刊

見てから、読む派?!「校閲ガール」

昨年の、秋期(10月)のドラマ「地味にすごい!」の原作
「校閲ガール」宮木あや子)を読んだ。
面白かった!

ドラマ原作のものは、キャラクターが特に立っていて、まわりの
登場人物もひと癖、ふた癖あるものが多いが、ドラマ脚本と比べて
どう変えているのか、又、主人公・校閲部の河野悦子と、通称(タコ!)こと
文芸編集部の貝塚とのからみが本当は、どう描かれているのか気になって
読んでみた。

★主な登場人物

河野悦子(おしゃかわことコーエツ)
米岡(グレーゾーンの同僚)
貝塚(タコ!・文芸編集者)
森尾(Lassy編集者・同期)
藤岩(鉄パン・文芸編集者・同期)
今井(短大卒・受付嬢)
エリンギ(校閲部部長)
是永是之・幸人(アフロ髪モデル・作家)
本郷大作(愛妻家のエロミス作家)

↑この登場人物の記載だけでも、読みたくなる内容だ。
あこがれのファッション誌の編集者を夢見て景凡社に入社した
河野悦子だったが、配属されたのは、まさかの校閲部だった。
それも、名前がそれっぽい?という理由から…

原作では、ファッション誌への移動を夢見て真面目?に校閲をこなす
入社2年目の悦子が描かれている。
ドラマ版では、設定が中途採用になっていたので、脚本の内容と悦子の
振る舞いに少し違和感があったようだ。

ドラマでは、主人公悦子と、是永是之ことモデルの幸人(ゆきと)を中心に
描かれているが、原作を読んだ限りでは、そうでもない。
第1話~第5話まで短編として、悦子の校閲の仕事にからめて色んな
ドタバタ劇が描かれている。
「校閲ガール」シリーズで、「校閲ガール ア・ラ・モード」「校閲ガール
トルネード」と続編2冊があるので、まだ進展のほどはわからない。

筆者・宮木あや子(みやぎ)は、2006年でデビュー作「花宵道中」で
「女による女のためのR-18文学賞」の大賞と読者賞をダブル受賞している
つわもの作家だ。
続編も読む!

「校閲ガール」
http://booklog.jp/item/1/4040663632


↓主演と石原さとみさんの魅力全開のドラマも再度、CS放送の配信で視聴中!

www.ntv.co.jp

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ブログ「群れない猫」の詩、その他の文章の著作権は土屋容子に帰属します